日本語 | English | 简体 | 繁體 | Tiếng Việt

UUJP

DUTY FREEって何?

Duty & Tax FreeとTax Freeの違い
名称 Duty & Tax Free Tax Free
店舗種類 ・空港(出国時・到着時)
・港湾免税店
・空港型市中免税店
・消費税免税店
免税項目 ・関税、消費税、酒税、たばこ税の免除 ・消費税のみの免税
※5000円以上500,000円以下の一般物品、消耗品で、30日以内の国外持ち出し
対象者 ・日本からの出国者
・日本への入国者
・非居住者
※6カ月未満で出国する者等

DUTY FREEは空港など、限られた施設のみ!

wd_01

日本の「免税」は大きく分けて2種類あります。 観光中、街中を歩いていてもよく目にするのが「TAX FREE」。TAX FREEとは、現在日本ですべての購買に対して課せられる10%の消費税の一部が、日本国外に持ち出すことを前提に免除されるというものです。日本国内にあるTAX FREE店舗は2019年10月の時点で52,222店舗で、マツモトキヨシに代表されるドラッグストアや一部のコンビニエンスストアも該当しています。 これに対し「DUTY FREE」(正確には「Duty & TAX Free」)の場合、消費税のほかに関税、消費税、酒税、たばこ税といったものが免税される店舗となります。国際便が発着する空港や港湾の免税店ですが、この他にわずかな「空港型市中免税店」が存在します。一部空港で商品を受け取ることを前提とした市中免税店は、沖縄を除けば日本には3店舗しかありません。

DUTY FREEでのお買い物はこんなにお得!

wd_02

DUTY FREE店舗の魅力は、なんといってもその商品の豊富さと安全性、そしてお得にお買い物ができる価格設定にあります。 近年評価が高い日本製のウイスキーを例にとってみましょう。人気のTN-G(ザ・ニッカ 瓶700ml)の販売価格を日本の価格調査サイトとして有名な「価格.com」で調べると、最安値が5,980円+消費税10%で6,578円と設定されています(ECサイト価格なので、これにさらに送料もかかります)。これに対しDUTY FREE店舗の場合、関西空港のKIX DUTY FREEでは同じ商品が5,400円で販売されており、もちろんこれに付随する税はありません。酒税が免除されているからこその特別価格というわけです。 化粧品や香水はもちろん、税率の高いたばこ類についても、市内に比べて優位性のある商品となります。

免税+割引を攻略しよう

wd_03

空港や店舗によりますが、日本のDUTY FREE店舗では、免税価格からさらに割引が適用される割引券を配布している場合があります。 当サイトでも一部ご案内しているような割引券を使うことで、ただでさえお得な免税店のお買い物が、さらにお得になるため、積極的に活用してみましょう。スマホ画面の提示だけで有効になるものも多いです。

DUTY FREEが扱う豊富な商品群

wd_04

DUTY FREE店舗では、人気の化粧品、香水をはじめ、おみやげやご自身用のお酒、たばこ、食品、雑貨、家電製品、時計など、日本のブランドはもちろん、他の国の一流ブランドの商品まで幅広く取り扱っています。どのブランドやメーカーの商品も、取り扱っているのは最新・人気の商品です。気になっていた商品が、お求めやすい価格で手に入るかもしれません。 また免税品の中には、DUTY FREE店舗でしか販売しない限定品や購入特典付きの商品があります。例えば女性向けのコスメだけでも、クレ・ド・ポー ボーテやSK-Ⅱ、ザ・ギンザ、ADDICTIONなどの人気の各ブランドがDUTY FREE限定商品をリリースしています。

DUTY FREEは免税手続き不要

市内のTAX FREE店舗の場合、免税にするためには専用の免税カウンターにレシートとパスポートを提出する必要があるなど、いくつかの煩雑な手続きが必要となります。また百貨店などにおいては、消費税は免除されるものの「免税手数料」として商品代金の数パーセント(実例:1.55%等)が徴収されてしまうこともあります。 DUTY FREE店舗の場合、表示されている価格が既に免税されたものであるため、複雑な手続きが必要ありません。

DUTY FREEに行けるチャンスは旅の最後

日本を旅行している中で、欲しかった商品が市内のお店で販売されているのをつい衝動的に購入してしまい、あとで空港免税店で同じ商品が販売されていることを知り後悔した、という話をよく聞きます。 「こんなものを買いたい」という明確な目的がある場合は、まずはその商品がDUTY FREEで取り扱っているものなのか、一度チェックをしてみましょう。魅力的なお買い物のチャンスは、旅を終えて帰国する時、最後の最後に待っているものです。 また最後のお買い物であるため、DUTY FREEでのお買い物をあらかじめ計画しておけば、旅の最中は荷物に悩まされることもなくなりますよ。